公開日: |最終更新日時:

叢生の治療について

叢生(そうせい)とは、歯が重なって、でこぼこに生えている状態のことで、乱杭歯(らんぐいば)とも言われます。軽い場合は犬歯が飛び出した状態、いわゆる「八重歯」などと表現され、チャームポイントに見られることも。歯並びの美しさを重視する欧米では、八重歯を「ドラキュラの歯」と表現。その印象は国によっても異なります。

叢生(そうせい)のリスク

お口の中の清潔が保てない

叢生は、日本人の歯並びの悪い症状の中でも特に多い症状です。そのため、人目があまり気にならず放置している方もいるかも知れません。しかし、叢生には、ほかの悪い嚙み合わせと同じく、大きなリスクがあります。まず、考えられるのが、歯磨きが不十分になり、お口の清潔が保てなくなります。その結果、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

咀嚼は消化にも影響

そのほかのリスクとしては、咀嚼効率が悪くなることも考えられます。食べ物がかみにくいということは、胃腸にも影響を与えることになります。また、虫歯などになったときに、詰め物や被せものをしても、長持ちしないことが多いです。

叢生(そうせい)の原因

遺伝的な問題

叢生は先天的な原因があることもあります。例えば、顎が小さくて歯の生えるスペースが狭くなってしまうなど、顎と歯のバランスが悪いといったこともそうです。

後天的な問題

後天的な問題としては、乳歯の生え変わりのときに早く抜けてしまった場合など、永久歯が前方に生えてしまうことがあります。また、指しゃぶりや舌で歯を押してしまうなど、子供の頃の癖が原因になることもあります。

叢生(そうせい)の治療法

側方拡大法

歯列を横方向に拡大する方法です。この方法は、子供には非常に効果的です。成長期にあるため、歯列を広げやすい状況にあります。子供のほうが、成長に合わせて治療ができるので、治療がしやすいですが、大人でも時間はかかり、難しさはありますが治療自体は可能です。

大人の場合

叢生は、歯の映えるスペースが狭いために重なっている状態ですから、治療には歯を動かすスペースが必要です。大人の場合には、顎の成長が止まっているため、拡大するには限度があります。そのため、抜歯を検討することも少なくありません。抜歯に抵抗がある方は、歯を少しづつ削っていきスペースを作るなど、そのほか非抜歯矯正の方法もあります。

インビザライン矯正クリニック【3選】in札幌

当サイトで紹介しているクリニックの中から、札幌で「日本矯正歯科学会」の「指導医」以上の資格を持つドクターが在籍する歯科矯正専門クリニック3院で、インビザライン治療を行っているクリニックを比較しました!まずは結果から!※2018年8月時点の調査情報を元にしています。

よこやま矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
53万9,000円~
75万9,000円

よこやま矯正歯科の公式
サイトで詳細をみる

よこやま矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

よこやま矯正歯科
問い合わせ先
011-707-8020

札幌MA矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
49万5,000円~

札幌MA矯正歯科の公式サイトで詳細をみる

札幌MA矯正歯科に電話相談してみる

札幌MA矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

札幌MA矯正歯科
問い合わせ先
011-522-8877

北大前矯正歯科
クリニック

CHECK
イメージ

【噂の検証:インビザライン矯正で治せる症状に制限は本当にあるのか?】を調査すべく、3タイプの歯並びの悪さで悩んでいる女子たちが実際にカウンセリングを受けてきました!

歯並びGirlsの
調査レポートをみる