札幌マウスピース矯正相談センター

マウスピースで歯の矯正を行なっている、札幌マウスピース矯正相談センター。使用しているマウスピースや院長のプロフィール、クリニックの特徴・基本情報を調べました。

札幌マウスピース矯正相談センターの注目ポイント

札幌マウスピース矯正相談センターの口コミ・評判

口コミはありませんでした。

札幌マウスピース矯正相談センターのマウスピース矯正の種類

札幌マウスピース矯正相談センターの名医紹介

川端一裕 院長

川端医師は北海道大学歯学部を卒業後、札幌医科大学付属病院の客員臨床医師として勤務していました。

医療法人社団 千仁会での勤務を始めたのが2006年。以来5年間、マウスピース矯正治療をはじめ、いろいろな歯科治療に取り組んできました。

日々マウスピース矯正を行なうかたわら、治療の成果を上げるための研究も怠りません。

その研究はマウスピース矯正だけにとどまらず、歯科麻酔ほか歯科治療に関わるさまざまな分野で、知識と経験を積んでいます。

札幌マウスピース矯正相談センターの特徴

3次元シミュレーションで治療計画を作成

札幌マウスピース矯正相談センターでは、治療前のカウンセリングで「クリンチェック・ソフトウェア」という3次元シミュレーションソフトを使用。治療完了までの計画・検討を行なっています。

1日20時間以上、装着することになるマウスピース。食事や歯磨きなど、やむを得ない場合以外はほとんどつけっぱなしです。長時間つけるからこそ、患者さん一人ひとりに合ったマウスピースを作製することに注力します。

医師による治療計画に患者さんが承認すると、マウスピースによる治療を開始。これが一連の流れです。

気付かれにくいマウスピースで徐々に矯正

矯正治療を開始すると、2週間ごとに新しいアライナーに交換していきます。そのたびに歯が徐々に移動していき、きれいな歯並びに変わっていくのです。

矯正中に使うマウスピースは透明なので、1日中つけていても気付かれにくい特徴があります。

遠方からの通院が可能

札幌マウスピース矯正相談センターでは、大人の方の矯正に関する相談にも乗っています。

その悩みのほとんどが「子どものころに矯正できなかったが、今でもできるか」「矯正したいが、仕事が忙しくて通院が難しい」という方ばかり。

センターで行なっている治療では、2~3ヶ月ごとの通院でOK。毎週、毎月の通院ではないので、患者さんは予定が立てやすくなっています。

そのため患者さんはスケジュールを合わせやすく、遠方から治療に来る人も多いのだとか。

札幌マウスピース矯正相談センターのインビザライン費用例

※すべて税込価格

札幌マウスピース矯正相談センターの基本情報

取扱っている診療科目 歯科矯正
所在地 札幌市中央区北1条西4-1-1 三甲大通公園ビル2F
アクセス 地下鉄東豊線・南北線「さっぽろ駅」徒歩1分
診療時間 10:00~13:00/14:00~18:00
休診日 土・日・祝日
インビザライン 札幌 共通パーツ
CHECK
イメージ

【噂の検証:インビザライン矯正で治せる症状に制限は本当にあるのか?】を調査すべく、3タイプの歯並びの悪さで悩んでいる女子たちが実際にカウンセリングを受けてきました!

歯並びGirlsの
調査レポートをみる