公開日: |最終更新日時:

空隙歯列の治療について

空隙歯列(くうげきしれつ)とは、歯と歯の間に隙間がある状態のこと。いわゆる「すきっ歯」と言われる状態です。中でも目立つ場所として、上あごの前歯に隙間がある状態、これは「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼ばれます。

空隙歯列(くうげきしれつ)のリスク

審美的なリスク

ほかの不正咬合と同様に、見た目を気にする方が多いでしょう。気になる歯並びとしてあげられることが多いです。「自信を持って笑えない」、「口を開けるのが嫌」などのコンプレックスや悩みにつながってしまうことも。

虫歯や歯周病のリスク

歯と歯の間に隙間があることで、食べ物のカスなどが詰まってしまうことが多くあります。この状態でブラッシングなどがうまくできないと、虫歯や歯周病のリスクが高まるでしょう。

発音に問題が出る

話すときに歯と歯の間の隙間から、空気が漏れてしまうために、発音に問題が出ることがあります。

上下顎前突の原因

あごが大きかったり歯が小さかったりするケース

あごが大きい場合には、歯が生えてくるスペースが広すぎるため、歯と歯の間隔が空いてしまう、つまり空隙歯列になる可能性があります。歯が小さい場合も同じことが言えます。

歯の本数が少ない

先天的に歯の本数が少ない場合も同様です。本来、生えてくるはずだった歯のスペース分だけ、隙間が空いてしまい、空隙歯列になる可能性が高いです。

子どもの頃の癖

子どもの頃の癖が原因で空隙歯列になることも。とくに舌で歯を押す癖は大きく影響します。子どもの歯は思っている以上に動きやすいため、日々の癖が歯並びに大きく影響します。

上下顎前突の治療法

矯正治療による方法

空隙歯列の場合、軽度の場合には部分矯正で対応できるケースが多いです。軽い場合には、本格的にワイヤー矯正をおこなわなくても、マウスピース矯正で対応できることがあるため、どの治療方法が適しているか、医師に相談してみましょう。

被せものによる治療

嚙み合わせなどに問題がなく、見た目の問題だけが気になる場合には、セラミックの被せものを接着する「ラミネートベニア」や「樹脂」によって隙間を埋める方法があります。この方法は、短時間で治療ができますが、歯を削るといったデメリットのある治療法です。

インビザライン矯正クリニック【3選】in札幌

当サイトで紹介しているクリニックの中から、札幌で「日本矯正歯科学会」の「指導医」以上の資格を持つドクターが在籍する歯科矯正専門クリニック3院で、インビザライン治療を行っているクリニックを比較しました!まずは結果から!※2018年8月時点の調査情報を元にしています。

よこやま矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
53万9,000円~
75万9,000円

よこやま矯正歯科の公式
サイトで詳細をみる

よこやま矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

よこやま矯正歯科
問い合わせ先
011-707-8020

札幌MA矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
49万5,000円~

札幌MA矯正歯科の公式サイトで詳細をみる

札幌MA矯正歯科に電話相談してみる

札幌MA矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

札幌MA矯正歯科
問い合わせ先
011-522-8877

北大前矯正歯科
クリニック

CHECK
イメージ

【噂の検証:インビザライン矯正で治せる症状に制限は本当にあるのか?】を調査すべく、3タイプの歯並びの悪さで悩んでいる女子たちが実際にカウンセリングを受けてきました!

歯並びGirlsの
調査レポートをみる