公開日: |最終更新日時:

過蓋咬合の治療について

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上あごの前歯が下あごの前歯をほとんど隠してしまうくらい深く、噛み合わさっている状態のこと。通常、上あごの前歯は、下あごの前歯を4分の1から3分の1ほど隠れるのが適正な噛み合わせとされています。

過蓋咬合(かがいこうごう)のリスク

顎関節症のリスク

過蓋咬合では、通常の噛み合わせができないため、あごの関節の動きが悪くなってしまい、顎関節症になってしまう可能性があります。顎関節症では、顎関節の痛みだけではなく、口を大きく開けられなくなる、肩こりや頭痛などの症状が出ることも。

歯ぐきの炎症や傷につながる

過蓋咬合では、下あごの前歯が上あごの、歯の裏側の歯茎に当たることによって炎症が起こることがあります。また、噛み合わせが悪いため、下あごの前歯が上あごの前歯を突き上げます。これにより、上あごの前歯が、歯に強い力がかかることによって歯周組織に炎症を引き起こすことがあります。

過蓋咬合(かがいこうごう)の原因

あごの成長バランス

過蓋咬合には、あごの成長バランスが大きく関わっています。例えば、上あごが成長しすぎると、前歯が長くなることがあり、過蓋咬合になりやすくなります。上あごと下あごの成長バランスを見ながら、気になれば矯正治療を検討しましょう。

歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりを頻繁にすると、歯がすり減ってしまう原因に。このことによって、噛み合わせが悪くなり過蓋咬合になる場合があります。

上下顎前突の治療法

ワイヤー矯正やマウスピース矯正

過蓋咬合では、ほかの不正咬合と同様にワイヤー矯正やマウスピース矯正で治療することができます。どちらの方法でも、抜歯が必要になる場合があります。

補綴(ほてつ)治療

奥歯などが、かなりすり減っている場合には、ワイヤー矯正やマウスピース矯正だけでは改善できない場合があります。そうした場合に、補綴(ほてつ)治療がおこなわれます。被せもので、かみ合わせの位置を調整しながら治療をしていきます。

外科手術

過蓋咬合の原因が骨格にあった場合、外科手術を選択する場合があります。あごの骨を切って、矯正治療と組み合わせながら、適切な噛合せ位置に調整していきます。

インビザライン矯正クリニック【3選】in札幌

当サイトで紹介しているクリニックの中から、札幌で「日本矯正歯科学会」の「指導医」以上の資格を持つドクターが在籍する歯科矯正専門クリニック3院で、インビザライン治療を行っているクリニックを比較しました!まずは結果から!※2018年8月時点の調査情報を元にしています。

よこやま矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
53万9,000円~
75万9,000円

よこやま矯正歯科の公式
サイトで詳細をみる

よこやま矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

よこやま矯正歯科
問い合わせ先
011-707-8020

札幌MA矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
49万5,000円~

札幌MA矯正歯科の公式サイトで詳細をみる

札幌MA矯正歯科に電話相談してみる

札幌MA矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

札幌MA矯正歯科
問い合わせ先
011-522-8877

北大前矯正歯科
クリニック

CHECK
イメージ

【噂の検証:インビザライン矯正で治せる症状に制限は本当にあるのか?】を調査すべく、3タイプの歯並びの悪さで悩んでいる女子たちが実際にカウンセリングを受けてきました!

歯並びGirlsの
調査レポートをみる