公開日: |最終更新日時:

上顎前突(出っ歯)とは

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、俗に言う「出っ歯」のことです。平成23年の厚労省による調査では、不正咬合(歯並びが悪い症状)に占める上顎前突の割合は12.9%で、叢生(そうせい:乱ぐい歯)に次ぎ2位でした。上顎前突は見た目の問題だけではなく、お口の健康にも大きく関わります。そのリスクや治療方法などをご紹介します。

上顎前突のリスク

咀嚼機能が低下する

上顎前突では、前歯の機能である「噛み切り」がうまくできない場合があり、代わりに奥の歯でおこなっていることがあります。その場合、その場合、正常な咬合バランスが崩れてしまい、うまく噛めなくなる、顎関節症を発症しやすいなどのリスクがあります。

虫歯や歯周病のリスクが高い

前歯が出ていると、唇が閉じづらく、寝ているときなどは開口した状態になりがちです。その場合は、口腔内が乾燥してしまい、唾液が出づらくなるので、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

上顎前突の原因

先天的要因と後天的な要因

上顎前突の原因は、さまざまです。歯が生えるスペースが足りなくて前に出てしまうなど、先天的に受け継ぐ要因もありますが、それだけではありません。後天的な、子供の時の癖によるものも非常に大きく影響します。例えば指シャブリや爪を噛む癖、舌で歯を押したりなどです。子供の時の歯並びはどんどん成長していきますので、少しのことで影響を受けてしまうのです。

上顎前突の治療方法

上顎前突の治療方法は症状によりさまざま

一言で上顎前突と言っても、人により症状はさまざまです。そして、治療方法もその症状によって変わってきます。軽度の症状であれば、一般的な矯正治療が可能ですが、少し症状が重ければ、歯を動かすスペースをつくるため、抜歯が必要になります。また、さらに重ければ外科手術適応になることもあります。

一般的な治療方法

手術が必要な場合は別にして、歯科クリニックでおこなう上顎前突の治療方法には、大きく分けて2種類あります。一つはワイヤーを使用した矯正です。ワイヤー矯正の中でも目立たないワイヤーを使用したり、歯の裏側にワイヤーを装着する方法もあります。もう一つはインビザラインなどのマウスピース矯正です。透明のマウスピースで目立ちにくく、食事の時などは外せることが特徴です。ただし、どちらの方法も、症状によって適応できない場合もありますので、担当医とよく相談してみましょう。

インビザライン矯正クリニック【3選】in札幌

当サイトで紹介しているクリニックの中から、札幌で「日本矯正歯科学会」の「指導医」以上の資格を持つドクターが在籍する歯科矯正専門クリニック3院で、インビザライン治療を行っているクリニックを比較しました!まずは結果から!※2018年8月時点の調査情報を元にしています。

よこやま矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
53万9,000円~
75万9,000円

よこやま矯正歯科の公式
サイトで詳細をみる

よこやま矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

よこやま矯正歯科
問い合わせ先
011-707-8020

札幌MA矯正歯科

費用
(検査・診断+装置料)
49万5,000円~

札幌MA矯正歯科の公式サイトで詳細をみる

札幌MA矯正歯科に電話相談してみる

札幌MA矯正歯科の詳細をもう少し詳しく!

札幌MA矯正歯科
問い合わせ先
011-522-8877

北大前矯正歯科
クリニック

CHECK
イメージ

【噂の検証:インビザライン矯正で治せる症状に制限は本当にあるのか?】を調査すべく、3タイプの歯並びの悪さで悩んでいる女子たちが実際にカウンセリングを受けてきました!

歯並びGirlsの
調査レポートをみる